SUCCESS IS
IN PREPARATION

すべての成功は
準備にあり

JSSSAは安全で質の高い
医療の提供を目指します。

日本短期滞在
外科手術研究会とは

2004年に発足した当会は、外科領域の良性疾患を中心に、日帰り・短期滞在手術に対する運営・技術の工夫など、幅広く情報交換し学問的向上を目指して参りました。
2013年には、IAAS(国際日帰り手術学会)からの正式なオファーを受け、IAASに加盟する日本で唯一の日帰り手術の学術団体となりました。

お知らせ

News

2023.01.05 研究会からのお知らせ 研究会サイトをリニューアルしました

GREETING

ごあいさつ

昨今、外科領域の良性疾患を中心に、日帰り・短期滞在手術に対する社会のニーズが急激に増加してきている。基幹病院においてはこの社会的ニーズに十分な対応を取り切れていないのが現状である。民間医療機関は、患者様のニーズに応えるための重要なテーマとして、この必要性および医療経済効果の更なる掘り下げについて取り組んでいくべきである。今回、この問題に既に係っている外科領域医療従事者の相互の向上と、患者様中心の日帰り短期滞在型手術の今後についての研究を目的とする会を発足する運びとなった。これにより、外科良性疾患を中心に、日帰り・短期滞在型手術の臨床に取り組む医療従事者の相互の情報交換学問的向上を目指したい。

 

 日本短期滞在外科手術研究会 代表世話人 執行 友成

Coordinator

DSコーディネーター

DSコーディネーターは、日帰り手術と患者さんをつなぐ重要な存在です。外科系手術の多くが「日帰り・短期滞在手術」が可能と成り増田。JSSSAでは医学基礎知織と日帰り・短期滞在手術の専門知識と技術をそなえ、かつ積極的に日帰り・短期滞在手術に従事するDSコーディネーターを養成を行っています。学識技能の優秀なものをJSSSA認定DSコーディネーターとし、「日帰り・短期滞在手術」の普及・社会貢献をはかることを目指しています。

当会の概要

Summary

日本短期滞在外科手術研究会について詳しく知る

学術総会

Meeting

日頃の成果・運営の工夫などを、医師・看護師・コメディカル・事務職員が一つのテーマに沿ってディスカッションできる学術総会です

DSコーディネーター

DS.Coordinator

日帰り・短期滞在手術を「患者様」に安心して、心地よく受けて頂くために、患者様を支える存在が必要になります。医療と患者様の間を取り持つ存在が、「DSコーディネーター」となります。

   
ページトップへ
Copyright © 日本短期滞在外科手術研究会 All Rights Reserved